本気で復縁したいなら!シンプルだけど効果的な5つのメール術

別れた彼と本気で復縁したいと思った時、まずはメールやラインで連絡を取るのが一般的だろう。
相手の近況を探り、自分への気持ちの有無を探り、そして大事な復縁話へ持ち込む。
一度壊れたデリケートな関係なので、最初の段階で相手をゲンナリさせてしまわないよう細心の注意が必要になる。

そこで、復縁を考えている時のメールで気をつけるべきポイント、おさえるべきポイントをまとめてみた。

1.メールは軽めに!重いメールは逆効果

久しぶりのメールなのに、いきなり長ったらしい文章はNG。
メールに想いのたけを吐き出すことで気持ちの大きさが伝わると誤解しているあなたは、ひょっとして別れる際に「重い」「自分の気持ちばかり押し付けて相手のことを考えていない」と言われはしなかっただろうか。

メールは読み手の気分や状況で、同じ文章でも違った意味に取られてしまうことがある。
メールでは挨拶のような軽い文面に留めた方が良いだろう。

2.返信が来るまで次のメールは送らない

「既読になったのに返信がない。」「むしろ未読のまま放置されている。」
返信が来ない場合、催促のメールや連投してはいないだろうか。

返信を待つ時間は耐えがたく永いものに感じられるが、焦ってはいけない。
じっくり考えて返信するつもりなら時間がとれないのだろうし、返信しないつもりならあなたにもメールして欲しくないのだ。
とにかく一度メールしてしまったら後は待つことをおすすめする。

3.メールすること自体が目的だと悟られない「要件メール」を送る

二人の共通の趣味に関する耳寄りな情報や、共通の知人に関する連絡など「要件ありき」のメールだとぐっと返信の確率は高くなる。
メールをしたいから無理矢理に友達をダシにしている、話題を作っている、とバレバレな内容にならないよう気をつけよう。

4.誕生日にはシンプルなメールを

難易度が低く相手からの返信率が高いのが誕生日おめでとうメール。
「おめでとう」に対する返信は基本的に「ありがとう」なので、自然とポジティブで思いやりのある会話ができる。

ネックなのは、誕生日は年に一度しかないということ。
おめでとうメールにすら返信がないならば、彼は今後あなたと関わる気がゼロなのだときっぱりと諦めよう。

5.感謝を伝えよう

簡単なようで素直に発するのが難しい言葉「ありがとう」。
特に別れを選んだのだから綺麗な感情だけが二人の間にあった訳ではないはずだ。

それでも、してくれたことや返信に対して素直に「ありがとう」と伝えられると人の感情は和らぐものだ。
メールでのやり取りが増えてきたら自然な会話の流れで感謝の気持ちを伝えよう。

 

メールはあくまで復縁の第一歩。
ネガティブな印象を持たれないよう相手の気持ちをよく考えてやりとりをしよう。
感情が見えない画面上の文字だからこそ気遣いが大切になる。そして大事な話はしっかりと顔をみて伝えよう。

  • Tweet
  • Facebook Share
  • Google+
  • はてなブックマーク