不倫

不倫記事一覧

これならうまくいく?モメない! 辛くない! 不倫相手との上手な別れ方5選

これならうまくいく?モメない! 辛くない! 不倫相手との上手な別れ方5選

不倫の恋は苦しいもの――。逢いたいのに自由に逢えない。堂々とつき合えなくていつもコソコソしてばかり。友だちにも心配されたり怒られたり。将来は見えないし、もし奥さんにバレて訴えられたりしたら、大変な責任をとらされる立場だ。 不倫の恋が始まったばかりの頃は、そんな苦しさも気持ちを燃え立たせるスパイ...

不倫男が奥さんと離婚してくれない理由とは?略奪婚が叶ったケースはレア? 

不倫男が奥さんと離婚してくれない理由とは?略奪婚が叶ったケースはレア? 

不倫の恋に身を投じている女性がもっとも気になること――。それは障害のある、この恋の行方ではないだろうか。 「妻とはもう心が離れていて冷え切った関係なんだ」「ずっと君と一緒にいたい」そんな言葉をかけられて、彼との結婚を期待している人も多いかもしれない。 しかし、ある統計によると、不倫をした既婚...

私のこと本気で愛してる?不倫相手の本気度チェック!

私のこと本気で愛してる?不倫相手の本気度チェック!

「そんな先のない恋愛してどうするの?」「2番めでいいの?」「奥さんに悪いと思わない?」 不倫に対する周囲の目は厳しい。単に不倫が『倫理に反している』からだけでなく、あなたを大切に想ってくれる人達にとっては、不倫があなたの幸せに繋がるとは考えられないからだ。 バレたら修羅場、時間の融通は利かず...

修羅場必至!?旦那に不倫された時、まずやるべき4つのこと

修羅場必至!?旦那に不倫された時、まずやるべき4つのこと

「最近何だか旦那の様子が怪しい。もしかして不倫?」 信じていた相手に裏切られる日なんて永遠に来て欲しくはないが、何が起こるか分からないのが人生。信頼度が高い程裏切られた時のショックは大きい。 夫の不倫に気付いたとき、割り切れるのか離婚を考えるのかは人それぞれだが、最低限自分の身を守るために必...

旦那の浮気!あなたは許せる?許せない?5つの浮気境界線

旦那の浮気!あなたは許せる?許せない?5つの浮気境界線

浮気する男性は言語道断で嫌だ、という女性は多いが、風俗も浮気に含めるとかなりの確率の男性は浮気をするものらしい。その確率は5割とも7割とも、9割なんて言われることも。はっきりとした統計はないが、決して他人事ではない夫の浮気。あなたはどこまで許せるだろうか?  1.キャバクラ キャバクラに行っ...

『不倫是文化』なんて真っ赤なウソ!不倫の結末を3パターンに分類

『不倫是文化』なんて真っ赤なウソ!不倫の結末を3パターンに分類

「不倫は文化だ」などという風潮がまかり通る世の中だが、実際に不倫と直面したとき、果たしてそんな悠長なことを言っていられるのだろうか?仮に、離婚後に和解が成立し、不倫相手と再婚することができたなら、それこそ理想の結末といえるだろう。 しかし、何かにつけて訴訟問題になるこのご時世で、そう易々と事が運ぶ...

腸が煮えくり返る嫁の浮気。最強の対処法は「間合い」である!

腸が煮えくり返る嫁の浮気。最強の対処法は「間合い」である!

嫁の浮気は“悲しき現実”である。夫からすれば自身を誰よりもよく知っている存在であり、一番の理解者。 また、最も信頼できるからこそ、嫁の浮気という事実を認めたくはないもの。そのようなトラブルに遭った人の心理というのは、悲しみを乗り越えるために5つのステージを辿るといわれている...

絶対NG?既婚者の恋愛について3つに分けて考えてみよう

絶対NG?既婚者の恋愛について3つに分けて考えてみよう

かかってしまったらどうしようもない熱病のようなもの、それが恋。いくら恋人がいても、結婚していても、浮気なんてするつもりがなくても、誰かに惹かれてしまうことがある。冷めてみれば狐につままれた気になるような一時的な恋も、一生引きずってしまう苦い恋も、人生の糧へと変わっていく一世一代の恋も、恋をしてい...

妻の不倫が発覚したら慌てず焦らず“チギリ”が大事!

妻の不倫が発覚したら慌てず焦らず“チギリ”が大事!

「えっ妻が不倫!?」。もしも自分がそんな最悪のケースに遭遇したとすれば…。ある意味、それは交通事故に遭うことと同じで偶発的といえる。そのため、焦って慌てふためいたり、唖然と立ち尽くしたりする者が多い。 しかし、起きてしまったことは変えることができない。それではどうすればよいのかと...

不倫相手の子どもを妊娠?!あなたならどうしますか?

不倫相手の子どもを妊娠?!あなたならどうしますか?

子供の10人に1人が戸籍上の父親の子ではない、というドイツの民間調査期間のデータがある。ちなみに、イギリスの大学の調査では25人に1人とのこと。この手のデータは世界中で報告されているが、つまりはそういった「疑い」が生じる場合が少なからずあるのだろう。 それにしても、クラスに1人以上は「お父さん...