浮気がやめられない女性、その3つの理由とは?

男性と女性の性の違いについて、三島由紀夫がこんな事を言っているのはご存知だろうか。

『男と女の一等やっかいな違いは、男にとっては精神と肉体がはっきり区別されて意識されているのに、女にとっては精神と肉体がどこまで行ってもまざり合っている事である。』(不道徳教育講座より引用)

よく言われる事だが、男性にとっての浮気は単に性欲を発散させる生理現象、または子孫を残す為の本能であるのに対し、セックスが愛情と直結している女性にとって浮気はいつでも本気の予備軍。つまり、女性の浮気はさよならの第一歩と言える。

しかし最近、社会的役割がジェンダーレス化するとともに、男性的な思考で浮気に至る女性が増えているそうだ。
そこで、女性が浮気をする心理について考えてみよう。

1.寂しさの穴埋め

パートナーと充実した恋愛関係を築いているのに浮気をする、という女性はほとんどいないだろう。
パートナーとの関係に満たされないものがあるからこそ、他の男性を求めてしまうはず。これが、女性が浮気に至る一番の理由だ。

自分が大切にされていないと感じ自信喪失してしまうと、評価してくれる相手が現れた時に心が揺らいでしまう。

加えて、パートナーのいる女性の方が相手は見つかりやすい。というのも、将来を見据えて相手を選ぶ訳ではなく、ただときめきや安らぎを与えてくれればそれでいいのであって、男性にとっても制限のある関係を求めて来る女性は都合が良く、遊び相手としてぴったりなのだろう。

2.男性化した女性達

育児や家事に追われながら、男性と同等の仕事をこなす。自分のキャパシティを超えても動き続ける「できる」女性達。

ふと立ち止まった時に、何もかも忘れて発散させたい、という理由からドライなセックスを求めてしまうパターンも多くなっているそうだ。このような、ある意味男性的な理由から浮気に走る女性は徐々に増えている。

3.「夫」とセックスをしたくない

単純に「セックスをしたくない」という訳ではなく、「夫としたくない」と思っている女性が意外と多いのをご存知だろうか?

夫が嫌いな訳でもなく、必要な存在として認識していても性の対象として見る事ができず、夫婦生活が苦痛で仕方ない。この場合は浮気に直結すると言うよりもセックスレスから離婚という深刻な問題に発展するケースも多くあるが、とにかく夫とはイヤ、という事から浮気に走る女性もいる。

最初は気晴らしのつもりでも、思わぬうちに浮気相手にのめり込んでしまう女性は少なくないだろう。

ただ、浮気相手と本命との両立を、長く続けるというのは女性にとってはやはり難しく、選択する時が来るはず。
現在進行形の女性陣は、当人も重々承知ではあると思うが、その安易な選択で人生が大きく変わってしまう危険性があることを忘れないようにしないといけないだろう。

  • Tweet
  • Facebook Share
  • Google+
  • はてなブックマーク