歴史ある「風水」、一体全体どんなものなの?

風水とは、今から約四千年前に中国で発祥した「気」の力を利用した環境学です。
衣・食・住や行動など、自分の身の回りのものを使って運を開いていくために研究されてきました。
自分自身に影響を与える空間やモノを使って、運を開くための「教科書」だと言えるでしょう!

環境を整え開運をはかる風水思想

「最近なんだかうまくいかないな…」「もっと人生を豊かにしたいのに現実は…」そう思う方は、まずは自分の環境を見回してみるといいかもしれません。
きっと運気を低下させている原因を見つけられるはずですよ。

原因を見つけたらすぐに取り除き、良い運気を呼び込むための風水を実践する。
そうすることで、どんな人でも簡単に“運の良い人”になれるでしょう!

平安京の美しい都づくりも風水に基づいてる!

もともと風水は、都市、住居、建物、お墓などの位置の吉凶を観るもので、気の流れをモノの位置で制御する思想。
良い土地を探し、その上に家やお墓、都市を建てるために使われてきたものなのです。

自分に影響を与える様々な環境を見て、それを良いものに変えることで、運気を上げようという考え方だと言えるでしょう。

日本でも平安京をはじめとする都づくりに用いられてきた昔から馴染みの深い開運法なんです。

自然界の「木・火・土・金・水」を循環させることが目的

風水の基本は「陰陽五行説」。「陰陽五行説」とは、自然界に存在するものを「木・火・土・金・水」の五行に分類し、「陰」「陽」いずれかの性質を持つという考え方。
昔の中国では、自然界のあらゆるものを陰(いん)と陽(よう)に分けました。

たとえば、太陽は陽で月は陰、男が陽で女が陰、表が陽で裏が陰という具合に。
こうした思想を陰陽思想といい、やがて五行と結びついていくことになります。

五行の思想は自然界は木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)の5つの要素で成り立っているというものでした。
五行の「行」という字は、巡るとか循環するという意味があります。
5つの要素が循環することによって万物が生成され、自然界が構成されていると考えられていたのです。

いまや誰しもが耳にしたことがある「風水」。少しでも興味がわいた人は、ぜひ風水を取り入れた暮らし実践してみるといいでしょう。

  • Tweet
  • Facebook Share
  • Google+
  • はてなブックマーク