知っているのと知らないのとでは大違い!?すぐに取り入れてほしいインテリア風水

汚れているもの、淀んでいる場所には、悪い気が溜まるという考えが風水にはあります。
風水を取り入れる第一歩は【綺麗・掃除・清潔】を徹底させること。
運気をアップさせるには一番の近道です。

部屋が綺麗になったらさっそくインテリアの配置を考えましょう。

インテリアから取り入れられる風水。陰と陽のバランスに注意!

そして、次に大切なのは、バランス。引越しや模様替えの際、風水を取り入れたインテリアを参考にしてみるといいかもしれません。
たとえば、テレビなどの家電製品は「陽」の気を持っており、多すぎると気が乱れて落ち着かなくなります。
そこで「陰」の気の観葉植物を置いたり、淡く暖かみのある色のラグマットを敷いたりすることで「気」のバランスを取ると良いのです。

アイテムごとの方角を確認!

ちなみにテレビを置く方角は、東か東南。
理由は、仕事運・貯蓄運・健康運に影響を与える方角は「東」だと考えられているため。
この方向に通信機器や情報機器を置くと、運気がアップすると言われています。

またリビングには、ラグマットが必須!
お勧めなのは、四角や円といった定番の形のものでなく、ちょっと不規則な形状をしたもの。
そういったもののほうが、陽と陰の気のバランスが取れているのです。

対人関係アップには、ソファを壁につけて置くこと。
風水では人が座る時、後ろに壁があると運気が逃げにくいといわれています。
壁から離れているか窓を背にしてソファーを置いている場合は、改善したほうがいいでしょう。

風水を意識した家具選びで自然と過ごしやすくなる

クッションは奇数にはせず、偶数個で揃えると運の補充に効果的です。
クッションは、使う人の足りない運気を補充する役割があるといわれており、とくに恋愛面では、2つ用意してペアにしておくのがおすすめ。

テーブルは、丸型か楕円が良いでしょう。特に楕円のテーブルには交流の力があり、家族団らんなどの場に良いと言われています。

気の流れがスムーズになり、新しい良い気も常に入って来やすくなるでしょう。
素材は、木かガラス製のもの。ただ、ガラスにする場合は、大きなガラスは強い「水」の気を持っているため、水が多すぎるのはよくありません。

そのため、その水の気を弱めるために、テーブルセンターなどの布を敷くことでバランスを取ると良いでしょう。
風水を参考にすることで小物選びや家具の配置にも迷うことが少なくなり、快適な部屋作りができるようになります。
知って損はしない風水インテリア、是非参考にしてみてください。

  • Tweet
  • Facebook Share
  • Google+
  • はてなブックマーク