姓名判断の起源は中国!日本での歴史は意外と浅い!?

生まれてすぐに親から授かる運命。
そう言っても過言ではないのが姓名です。
そこから読み解けるものは先祖から伝わる力、運気、本来の性格や秘めた才能、運勢の流れなど幅広く、人生の土台となります。

だからこそ、赤ちゃんの命名はもちろん、芸能人でも芸名を決める際に妙名診断は活用されるのでしょう。
姓名診断は運命を授けることも変化させることもできるのです。

5つの視点から導き出す「先天的・後天的」な運勢

基本的な鑑定方法は、「姓名の画数から5つの格数を導き出し、その数字から吉凶を占う」というものです。
主な要素としては「天格」「人格」「地格」「外格」「総格」の5点。

「天格」は姓の総画数。祖先運を表すものです。生まれ持った運気や家系の力を導きます。

「人格」は姓の最後と名の第一字を足したもので、性格や性質を踏まえた主な運気を観ることができます。

「地格」は名の画数の合計。幼年期の運勢を表します。運気の流れを築く土台となるものです。

「外格」は総格から人格を引いた画数。外因的要素や対人関係・環境など後天的な要素を表します。

「総格」は姓名の総画数。晩年運を表すとされるものです。ここに変化を与えることで人生は大きく変わっていきます。

多数の流派に別れる日本式姓名判断

姓名判断の起源は、古代中国。姓名の字の画数から陰陽と五行のバランスを見ながら吉凶を判断するものです。
一方、日本の姓名判断の歴史は比較的新しいものといわれています。
それは庶民が姓を名乗るようになったのが近代明治以降であるため、定着が遅かったためだ、と考えられています。

また、日本の姓名判断には様々な流派があり、流派によって画数の数え方や判断方法が異なることもあります。
結婚、出産・・・人生の節目においてどうしても気になってしまう「姓名」。

改名もアリ?人生をリセットする手段も

たくさんの流派、鑑定があって迷ってしまうかもしれませんが、ぜひご自身にあった鑑定方法を探してみてください。
きっと人生の良き道筋を照らしてくれるでしょう。
そして…めったにできることではありませんが、本気で人生をリセットしたいときには「改名」することも重要な転機になるかもしれません。

  • Tweet
  • Facebook Share
  • Google+
  • はてなブックマーク