【姓名判断】名付けは赤ちゃんへの最初のプレゼント

子どもの名前、皆さんはどうやってつけますか?
名前は、子どもへの初めての贈り物。
健康にのびのびと育ってほしい、頭の良い子育ってほしい…

もしくは優しい子に育ってほしいなど、名前にはご両親の願いが反映されるもの。
願いを込めて、良い名前をつけようとすると、とにかく悩んでしまって苦労しますよね。
子どものためにも、読みやすくて見た目に美しく、響きが綺麗で良い意味をもった名前を付けてあげるのが望ましいでしょう。
一生使う名前なので、納得した名前をつけたいと誰しもが思うことです。

そこで今回は、名前を付ける際に注意すべきこと、参考にするポイントをまとめてみました。

子どもの負担にならない漢字を選ぼう

まずひとつめが、漢字の持つ意味をどう捉えるか、という部分。

たとえば、「幸子」という名前。
この名前はとても素敵で、ご両親の「幸せになってほしい」という思いが込められているもの。
けれど、その名前を持つ子どもが意味を意識しすぎてしまうと、
「幸せっていう漢字がついているのに私はなんで…」などと悪い方に考えてしまう恐れもあります。
そうなると、せっかくの幸せになってほしいという願いも、子どもにとってプレッシャーになってしまう場合も。

ですので、漢字1文字に大きな意味があるものを避け、お子様が意識しすぎないものを選んであげるのも、名付けにおいて大切なことのひとつだと言えるでしょう。

画数と字義に注意!

続いて名前を付ける際の考え方のヒントとして、ご両親が好きな漢字を使うというやり方があります。
また、今はインターネットで画数を観ることができるので、あれこれ考えてつけるパターンも多いようです。
姓名判断というと、「画数の意味や吉凶を勉強するのが大変」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも姓名判断の中で画数の要素は、普通の人が思うほど絶対的ではないのです。

画数と同じぐらい重要なのが字義。
それに音韻や全体の配合もかなりの部分を占めます。

不吉な名前や縁起の悪い名前がありますから、これも避けた方が良いでしょう。
たとえば、竜馬や信長などは、歴史的には有名な人物の名前ですが、いずれも非業死をとげた、いわば縁起の悪い名前ですから使用しないほうが無難。

占い師に決めてもらうのもお勧め

ただ、自分ではよくわからない、迷いすぎて困ってしまう、という人は、ぜひ占い師に観て決めてもらうことをお勧めします。
挙がっている候補を複数の視点から評価してみることで、最終的に納得できる名付けができるでしょう。

  • Tweet
  • Facebook Share
  • Google+
  • はてなブックマーク