大流行のタロット占い。一体どんな占いなの?

タロットはずばり「直観力」と「潜在能力」に訴えかける占いです。
基本的に78枚1組のカードを使い、様々な物事を占っていきます。

近未来を占うにはタロットカードがおすすめ

78枚のうち22枚が大アルカナ、56枚が小アルカナと呼ばれるもの。
大アルカナはカードの絵柄もわかりやすく意味も覚えやすいため、基本的な鑑定は大アルカナで行う場合が多いです。

また、タロットカードはその時々の状況の変化に敏感なため、結果がよく変わります。
そのため、近未来をみるのにも適している占いだと言えます。

鑑定方法はカードを裏向きにして机の上に置きシャッフルする。
そしてシャッフルしたカードの中から数枚を引いて、並べ、そのカードの内容から占う、というもの。

深層心理を探るための強い思いが必要?

こういったカードの並べ方のことをスプレッドと呼びますが、スプレッドの方法は多くあり、状況や占いたい事柄によって変わります。
また、カードの内容の解釈も様々。同じカードでも人によってそこから導かれる結果も異なってくるのです。
そういった特性をもつタロット占いで、より的確な結果を導くためには、占う側と占われる側の信頼関係が大切になります。

タロットカードは深層意識を読み取る力をもっていますから、占われる側はできるだけ鑑定前に気持ちを落ち着けることが大切です。

そして何を知りたいか、どうしたいか、自分の気持ちをはっきりともつ必要があります。
それに対して占う側はそういった相手の精神状態・希望・目的を汲み取り、そこに意識を集中させながらカードをひきます。そうすることでより、鮮明な導きができるのです。

「アドバイスカード」で結果に向き合う

また、万が一悪い結果がでても、その結果を素直に受け止めること、そうならないように努力をする意識も大切です。
そういった意識のもとであれば「アドバイスカード」という結果を良い方向に改善するためのヒントとなるメッセージを導くことができます。

タロット占いは直観力や潜在能力を使う鑑定です。
普段使わない感覚と向き合い、研ぎ澄ませることで願望を現実にする力、思いをかなえる力が開花されるとも言われています。

  • Tweet
  • Facebook Share
  • Google+
  • はてなブックマーク